2008年11月24日

ガンダムが好きな39歳

GYAOでは無料で機動戦士ガンダムooを毎週更新で観ることができますが、私も更新の度に観ています。

お蔭様で、インターネット回線をNTT西日本の光プレミアムに代えてからは、サーバーへの接続もスムーズで快適に楽しむ事ができます。

さてさて、39歳のおっさんが未だにガンダムにはまってるわけですが、それもガンダムooにです。

最初は全く興味が無かったんですよ本当に、でも観ているうちに完全に引き込まれてしまいました。

その理由の一つとして、メッセージ性が高い事と、BGMがいい。

音が安っぽくないんです、と言うかかなりイイんです。

「え、何この音!」

と、思ってエンディングを、じ〜っくりと眺めていたら、ありました!


音楽 川井憲次

たしか川井憲次って名前、どこかで聞いたような・・・。

そんなんです、押井守作品で音楽を担当している、あの川井憲次さんです。

最近では「スカイクロラ」を担当されてます。

有名どころでは「甲殻機動隊」や「パトレイバー」など

また、映画では今年公開だけでも

L change the WorLd(2008年)ひぐらしのなく頃に(2008年)おろち(2008年) 櫻の園(2008年)葉問 (2008年,香港映画)

などなど、そうそうたる作品が並んでます。


音にはかなり煩い私ですが、久々にイイ音を聴きました。

映画とかアニメのサントラって、かなり重要で、音がちゃっちいと、それだけでA級がB級になりますもんね。




posted by ゆうパパ at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | GUNDAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルメニアンダンス・パートTを語る

アルフレッド・リードと聞いて、知らない人はいないでしょう・・・。
もちろん吹奏楽に関わった人限定の話ですが。

アルフレッド・リードの作品と言えば、それこそ有名作品のオンパレードですが、その中でも超人気作品と言えば「アルメニアンダンス」を除いては語れないでしょう。

このアルメニアンダンスは、特に80年代のコンクールでは地方予選、全国大会問わず演奏した団体は数知れず・・・。
定期演奏会などのコンサート等を含めれば、その演奏回数は膨大な数になることでしょう。

それだけに、30代以上の紳士淑女にとって、思い入れの強い作品の一つではないかと思います。

このアルメニアンダンスのレコードやCDは、当時(80年代)は本当に少なくて、確か「東京佼成ウィンドオーケストラ」ぐらいしか無かったのではないだろうか・・・。

もちろん、全日本吹奏楽コンクールでのCDやレコードでは数多くの演奏記録が残ってましたが。

ちなみに、私が一番好きな演奏は(当時)東京佼成WOではなくって、大阪の淀川工業の演奏(確か85年か86年だったと思いますが)でした。

初めて聴いたとき全身の毛穴が開いたのを、今でも覚えています。

そして、時は経ち武蔵野音大などのCDが発売になり、確か自衛隊の中央音楽隊(陸海空のどれか忘れたが)のCDもあったような・・・。

で、今のところ極めつけが佐渡裕指揮シエナ演奏のアルメニアンダンスパートTでしょう!

佐渡裕さんと言えば我が心の師匠である「坂本龍一」のライブでPMFを指揮されていた印象が強く、いわずもがな、期待は高まるばかり・・・。

CDショップでこのCDを発見したときは、鼻血が出そうでしたよ。

これを聴いたときは、淀工に引き続き2度目の全身毛穴全開状態!


いやあ良かった・・・。

最近は吹奏楽OBOG向けのCDがいろいろ発売されていますが、昔の作品を是非、新録でたくさん聴いてみたいものです。

   
posted by ゆうパパ at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹奏楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成功法則と潜在意識

前回、キーワードは人格です・・・というところで終わりましたが、
実際に成功法則系の書籍を読み漁っていくと、あるところに行き着きます。

それは、成功法則第一世代の本です。

つまり、本当に初期の成功法則の本ですね。

実は、ここでフォーカスされているのが「人格」なんです。

最近の成功法則本のほとんどが「金持ち」「成功」と言ったキーワードが主で、「金持ちになるには〜」とか「ビジネスの成功には〜が不可欠」と言った類の成功法則本が多いような気がします。

で、どの本を読んでも共通しているのは「潜在意識」の活用なんですね。

ちょっと前に流行った「引き寄せの法則」にしても根っこの部分は「潜在意識」なんですよね。

私の尊敬する神田昌典氏にしても「非常識な成功法則」の中で潜在意識の活用について触れています。
また、「非常識に成功するには潜在意識の活用は不可欠」とも言ってます。

J・マーフィーの法則にしても、基本はやはり潜在意識。

そこで、潜在意識に関する本を読み漁っていくと、あることに気づくんです。

「他人の幸せを願う心」がとても重要だと・・・。

潜在意識は顕在意識からの想いを受けて動いているということ。

一人称、二人称の判別が無いこと。

つまり、相手を嫉む感情を持ち続けた場合、

嫉み=相手の不幸を願う=不幸を願う

と、潜在意識に伝わり、相手を嫉んだつもりが、自分が不幸になってしまう、という理屈です。

そう考えると、因果応報とか美輪さんの「正負の法則」にも通ずるのでは?
などと考えるの私だけではないはず・・・。

自分の事ばかりを考えていれば、当然相手を蹴落としてでも・・・という感情が発生するのは必然です。
最初は勢いで、表面的には良い結果が続くにしても、かならず反動はくるはずです。

自分の行いが、「自己中心的なのか?それとも相手の事を本心から思いやってのことなのか?」を、常に考えながら行動する必要があります。

その判断は、頑固で融通が利かない自己中心的な人間にできるでしょうか?

そう考えると、必然的に「人格」というキーワードが現れてくるのです。

成功法則第一世代の本には人格形成に関する事がたくさん書かれています。

そして、「人格」を掘り下げていくと「あの世」の存在に行き着いてしまいます。

結局のところ、世の中は「正直者は日の目を見ない」とか「真面目にやってても報われない」という風潮がありますが、目に見えないところで確実に動いているものが在る、ということは認識すべきでしょうね。

それと、表面的なものに囚われすぎて、本質が見抜けないと余分な苦労を背負い込むことにもなりかねません。

このあたりは、私が例え話を書くまでも無く、成功法則の本やスピリチュアル系の本を読めば、たくさん載ってますので省略しますが、いずれにしても、富とか成功を望むのであれば、まずは他人の幸福を願うところから始めるというのが原理原則なのではないかと強く思います。


posted by ゆうパパ at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功法則と潜在意識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

成功法則とはなんぞや?

ここのところ、潜在意識に関する書籍を、貪るように読んでます。

潜在意識を、意識するようになったのは、今から5年ぐらい前に初めて読んだジェームス・アレンの「原因と結果の法則」がきっかけです。

良いことだけを考えていれば、良いことが起こるし、悪いことだけを考えていれば、悪いことが起こる・・・。

当時の自分は、もう、生きることに疲れはててしまい、死を考えていました。
そんなときに出会ったのがジェームス・アレンの「原因と結果の法則」だったのです。
正直なところ、藁にもすがる思いで読みました。
たぶん買ったその日に5回ぐらい読み返した記憶があります。

それと、同時期に出会った本、ま、正確には雑誌の記事なんですが、主婦向けの雑誌で「素敵な奥さん」に掲載されていた、あのスピリチュアルカウンセラーの江原啓之さんの記事だったんです。

この記事に関しては、自分を高める為の日常的にできることが平易に書かれており、これもまた20回ぐらい読み返しました。

「原因と結果の法則」にしろ、江原さんの記事にしろ、即実行できることばかりだったので、読み終えた後に即実行しました。

何せ、藁にもすがる思いでしたから・・・。

さてさて、その後ですが・・・

当時携わっていた仕事や、それに伴う人間関係が劇的に改善されました。

その効果たるや、驚愕に値するもので、実際に効果が実感できるまでの期間は2週間かからなかったと思います。

その時に体感したことは

嫌がらせのようなクレームが無くなった
仕事の量が殺人的に増えても、超人的にこなしていけた。
職場の人間関係、というか、力関係が逆転し、自分がイニシアチブをとれるようになり、ある程度、自分の思い通りにコントロールできるようになった。
当然ながら、仕事上のポジションがあがり昇給した
信用が高まったことから、人脈が広がり質の高い仕事が舞い込むようになった。

などなど・・・。

まさに善循環です。

でも、落とし穴があったのです。

それは、感謝を忘れていたのです・・・。
つまり、高飛車になってしまったんですね・・・愚かなことです。

当然ながら、それからは下降の一途です。

自殺までは考えないようにはなりましたが、ほぼ自暴自棄状態でした。

たまたま、うまくいった事に浮かれてしまい、きちんと自分の心に落とし込んでいなかったんです。

頭で理解していても(知識)、心に染み渡っていなかったんです。

考えてみれば、劇薬です・・・でも、その効果が実証されました、でもコントロールできない・・・何がいけないのか?

こういう時は、何をやっても歯車が合いません・・・ある意味面白いですよね。

完全に視界が狭まり、頭や心のアンテナが閉じてしまっていたのです。

でも、3年の歳月を経て、ようやく気づいたんです。

キーワードは「人格」です。

続きはまた今度

posted by ゆうパパ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功法則と潜在意識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

人には言えない悩み

重い話です。


人には言えない悩み・・・。


いろいろありますよねぇ〜


そんな訳で、今回は体の悩みについて書きたいと思います。

とは言え、ダイエットとか、泌尿器科関係の話ではありません。

健康のお話です。



最近、身近な人が病気になったりしてませんか?

そんな時、明日は我が身と思ってしまうこと、ありますよね。


なんか生保のおばちゃんに保険を勧められてるような感じになってきそうですが、そうではなくって、自分の身は自分で能動的に守りましょう!という話です。

社会保険に加入してる人なら、年に1回は健康診断を受けてるので、毎年1回は体に関する何らかのデータをもらってますよね。

でも、専門的な検査となるとどうなんでしょう・・・。

例えば、C型肝炎、B型肝炎、乳がん、前立腺がん、性病、ヒト後天性免疫不全症候群(AIDS)

このような検査を受けたことはありますか?


自分は無いです。

何故か?


だって怖いじゃないですか・・・。


言い訳になってませんね。


でも、同じように考えている人、意外に多くないですかね〜。


実は、ずいぶん前ですけど、経営者さん向けのサービスを提案する仕事をしてたんですが、その時にですね、自分が扱ってるサービスとは縁もゆかりも無いサービスをお勧めしてた事があったんです。

当然、銭にはなりませんけどね。

なんで、銭にもならないこと事をしてたのか?

やっぱり、「その経営者さんに元気でいてもらいたかったから」なんです。

経営者は自分の会社の社員とその家族の生活を担ってるわけです。

その経営者が傾けば、もしかしたら会社も傾くかもしれません。

想像したくないですいよね、そんな事。


で、定期的に体の状態を把握する手段を、手っ取り早くやる方法がないかと探していたら、あったんです。

通販の血液検査のキットが。


確かその頃はコンビニに申込書が有って、それを使ってたんですが、最近見なくなりまして、どうなったのかなぁ・・・と思ってたら、見つけてしまいました。(同じ会社かどうかは、わかりませんけどね)

これ↓です。





上のバナーをクリックすると、その会社のHPに行けるんですけど、自分が見て驚いたのが、検査キットの種類の多さです。

まとめて3つの検査ができるキットや当然1つの検査に絞ったキットもありますし、財布と相談して決めるのも良し、体と相談するのも良し、
そういう意味ではけっこう親切かと思いましたね。

「病院に検査に行く時間なんて確保できない!」

という忙しい人には、選択肢の一つとして、頭の隅っこの方にでも置いといて下さいね。

自分はですね、不規則な性生活をしている友人にお勧めしようと、思います。

(ブラックユーモアのつもりですが洒落になりませんか・・・。)
posted by ゆうパパ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オモシロ商品&サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

小室哲哉さんの事件報道を見て

小室哲哉さんが任意同行をうけました。

朝の情報番組は、のきなみこのニュースです。

詳しいことはわかりませんけど

自分には、小室哲也という人は

「音楽が大好きなピュアな人」

という、印象があります。

かなりの負債を背負ってるような報道がされてますが、お金の感覚が麻痺してたのでしょうか・・・。

今回、兵庫県の投資家に自身の曲806曲の著作権の譲渡をもちかけ、すでに5億円、受け取っていたそうですね。
しかし、小室さんの曲はエイベックスが持っており、その投資家に譲渡できる状態ではなかったようです。
今年、民事訴訟で破れ、計6億の支払い命令があったようですが、期限である9月末を過ぎても支払いがなく、その投資家は大阪地検に訴えたというのが、今回の経緯だと、各メディアで伝えてるようですね。

いずれにしても、「どうかしてたんだろうなぁ・・・」という印象が強いです。

何か、悪巧みしそうな人に見えないもんなぁ・・・。

でも、多額のお金を得たことで、金銭感覚や経済観念が麻痺してたんでしょうかね・・・。

ちなみに、全盛期の所得は20億以上、貯蓄は100億ぐらいあったそうです。

現在の所得は1億ぐらいだそうです。

一般庶民からすれば、とんでもない金額です。

そうそう、「年間所得が1億もあればいいじゃん」という声が聞こえてきそうですが、小室さんの周りで動いていたお金の額を考えると、焼け石に水だったんでしょうね。

というわけで、今回の小室哲哉さんの報道を見て感じたことは・・・

お金の知識はとっても大切!

と、いうことです。


小室さんはお金を生むヒットメーカー。

これを利用としようと近づいてきた輩は1人2人ではないはずです。

でも、これは一般庶民である我々も人事ではないですよね。

自分の資産はつねに狙われているのですから・・・。

振り込め詐欺、架空請求、金融危機・・・

お金のIQ、EQを高めましょう。


もう、誰かに頼る時代じゃないです、自分の身は自分で守るのが鉄則ですね。

自分もうかうかしてられないっす。

人気ブログが大集合!
人気ブログランキングへ
posted by ゆうパパ at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生哲学

11月1日のオーラの泉の中で、気になる言葉がありました。

3人目のゲスト安めぐみさんの出演時に、ホスト役の美輪さんが、「人生哲学の本を読みなさい」と言ってましたね。

「人生哲学を持っていれば、占い、宗教に頼る必要は無い」とも言ってました。

まったくその通りだと思います。

自分が何のために生き、死ぬまでに何をすべきか理解していれば、ブレる事は無いはずです。

つまり、無用な救いを求めることは無いはずです。

よく「地に足が着いてない」とか「浮き足だってる」という言葉を耳にしますよね。

これって、単純に自分のやるべき事が見えなくなってる時に耳にしませんか?

やるべき事って「本来やるべき事」という意味ですよ。

その「本来やるべき事」というのが人生哲学から導きだされた、自分の人生の指針というか、目標なのだと思います。

自分はそのように考えてます。

でもね、長い人生の中で、そうは言っても遭難する事も多々あるのです。

人生の荒波の中で、難破することが多々あるのです。

そんな時の羅針盤が「人生哲学」なわけですね。

でも、人によって「人生哲学」は異なるわけで、それがぶつかり合うと議論になったりするものです。

でも、その議論に勝ち負けを求めた瞬間に、ある意味それは負けを意味します、というか無意味です。

議論の中で「こういう考え方があるのか」と前向きに吸収すれば良いと思います。

相手に迎合することは負けではありません。

貪欲に吸収し、自分の糧にした方が何倍も実りがあると考えます。


子供の頃に、祖父によく言われた言葉があります。

これは、自分の娘にも、よく言って聞かせてます。

「人のふり見て我がふり直せ」です。

しかし、人の行いを見て、善悪の判断がつかなければ、全く役にたたない言葉です。

そうなんです、善悪の判断ができるようにならなければ、ある意味、人間とは言えないような気がします。

本能の上に理性と知性を持っているからこそ人間だとすれば、人として生きるとは、どういうことなのか?という疑問が自然に沸き出てくるはずでよね。

根本はそこなんです。

言いかえれば、やはり「人生哲学」なんですよね。

そんなわけで、自分が読んでみて少なからず影響を受けた本の一部を「人生の道標」というサイトを立てて紹介してます、良かったら見てみてください。

「人生の道標」

↑クリックすると表示されます。

面白すぎる日記ブログが大集合!
人気ブログランキングへ
posted by ゆうパパ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功法則と潜在意識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

大切な人へ「月の土地」をプレゼント!?

早いもので、今年もあと2ヶ月です・・・

来月の末は大晦日です。

なんだか 「あっ」 という間の2008年!


あと、2ヶ月全力で突き進みましょう(なんのこっちゃ)


さてさて、実は、妻と娘は12月が誕生日で、ぼちぼち2人へのプレゼントを考えなければならない時期になりました。

娘はまだ小学の低学年なので、ま、当然ながら玩具ということになるのですが、問題は妻です。

この1年の労を労いつつ、あっと驚くプレゼントを!と考え、WEBで探していたところ、と〜っても気になるものが・・・


「月の土地」


月の土地って、あんた!勝手に売買できるのかい?

そんな興味半分でサイトを見てみると、意外なことが書かれていました。

【以下サイトに書かれている内容です。】

月の土地を販売しているのは、アメリカ人のデニス・ホープ氏。 (現アメリカルナエンバシー社CEO)
同氏は「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べました。すると、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した宇宙条約しかないことがわかりました。
この宇宙条約では、国家が所有することを禁止しているが、個人が所有してはならないということは言及されていなかったのです。
この盲点を突いて合法的に月を販売しようと考えた同氏は、1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭し所有権の申し立てを行ったところ、正式にこの申し立ては受理されました。
これを受けて同氏は、念のため月の権利宣言書を作成、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出。
この宣言書に対しての異議申し立て等が無かった為、LunarEmbassy.LLC(ルナ・エンバシー社:ネバダ州)を設立、
月の土地を販売し、権利書を発行するという「地球圏外の不動産業」を開始しました。

【以上、サイトの原文を引用】

と、このような内容が載ってまして、ちなみに価格はいかほどかと・・・?

いやはや、驚きました!意外なほど安いです。


プレゼントにはもってこいの価格帯です。

これに、天体望遠鏡をセットにしてプレゼントしたら、う〜ん夢があるなぁ・・・。

でもね、うちら夫婦はそういうラブラブな夫婦じゃなくて

「とうちゃん!」「かあちゃん!」と呼び合うような仲ですから、

どうだかなぁ・・・。

しかし、考え方によってはですよ、

もし、自分が何かしらのアクシデントでこの世を去るようなことが有っても、月の土地は永遠に残るわけですから、思い出としては最高のアイテムになるのではなかろうか?

そう思うわけです。

同様に、娘に親からのプレゼントとして渡しても良いかな・・・なんて考えてます。

世界中のどこに居ても月は見えますもんね(自転しないし)

興味がある方は↓をクリックすると株式会社ルナエンバシージャパンのサイトが表示されます。

夢のような話ですが、夢ではありません!

月の土地が買えるサイト




余談ですが、昔、月の裏側には宇宙人の基地があると言われてましたが、「かぐや」の撮影した映像には何も写ってませんでしたね・・・。

面白ブログ大集合!
人気ブログランキングへ
posted by ゆうパパ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オモシロ商品&サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

BMWが作った無敵のコーヒーマシン

♪ A coffe machine〜から始まる名曲といえば、映画「バクダットカフェ」のテーマ曲「colling you」ですね。

その「バクダットカフェ」の冒頭で、ドイツ人が道端に置いていったコーヒーポットを拾ったドライブインの主が、自分の店に持ち帰って、試しにそのコーヒーを飲み、あまりの苦さに顔を歪めるシーンがあります。(個人的にはとても好きなシーンです)

そのドイツの自動車メーカーBMWが作ったコーヒーマシーンがあるのはご存知ですか?

※ちなみに、バクダットカフェに出てくるコーヒーと、BMWの作ったコーヒーマシーンは何の関係もありませんのであしからず


はっきり言って、自分には購入する経済力はありませんが、このサイトを見ていて、あまりのこだわりに、おもわず唸ってしまいました。

そのこだわりとは・・・コーヒーマシーンの正面に付いているダイヤルが、BMWのセンタートンネルについているダイヤルによく似てるからです、というかマークを除けば、その物か?

うーん、クルマ好きにはたまらないアイテムです。
小洒落が利いててよろしいですね〜。


BMWが作った無敵のコーヒーマシン


人気ブログランキングへ

ということで、面白い物を見つけてしまったコーナーでした。

posted by ゆうパパ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オモシロ商品&サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

光プレミアムを申し込んで気づいたこと

というわけで、昨日の続きのような内容になってしまいますが・・・


光電話って、今までの固定電話のように加入権を買う必要が無いのです。

ということは、何らかの事情で電話番号を、もう1本持ちたいなぁ・・・という時には、どうなるのだろうか?



早速NTTの116に電話で聞いてみました。



結論から申しますと、月額プラス400円で、もう1番号追加できるようです。

しかも、電話番号が2本(2チャンネルというらしい)までであれば、
VOIP(光電話の装置)の料金も変わらないようです。
ただし、電話番号が1つのタイプのVOIPと2つのタイプのVOIPは機材自体が別物のようなので、申し込む場合には注意が必要ですね。

そんなわけで、


これから自宅で起業したい


情報商材の販売をしたいので、特定商取引に明示する電話番号がほしい


怪しい理由でもう1番号欲しい!?


などなど、月額400円で、副収入の選択範囲が広がりそうです!


ただ、光電話が引けないケースもありますよね?

そんな時は、OCNの

「050あんしんナンバー」を選ぶ方法もあります。

先方には050から始まるIP電話の番号を知らせておき、先方から電話がかかってきた場合には、任意の番号に転送するか、留守電にしてメールで知らせてもらう、ということが可能になるそうです。

しかし、難点がひとつ・・・

こちらからかけ直す場合には、この050の番号から発信できないという点です・・・。

料金は月額210円〜ということで、光電話の追加番号と比べると幾分安いですけど、メールの確認や転送電話の通話料金は別に請求されるようなので、微妙なところですね〜。


ただ、いずれにしても副収入を確保すべく動き出すときに必要なものが、以前に比べて格安で手に入る時代になったということですね!


ありがたい事です。

NTT西日本フレッツ光プレミアム導入日記はこちら


NTT西日本のフレッツ光



リスペクトできるブログ大集合
人気ブログランキングへ








posted by ゆうパパ at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB&アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。