2008年03月02日

満員電車には危険がいっぱい

満員電車通勤を日常としている男性諸氏におかれましては、リアルに怖い話ですが・・・


昨夜「それでもボクはやってない」をテレビで放映してましたね。

あれ・・・いつ起きてもおかしくない事件ですよね。

恐ろしいです。

「それでもボクはやってない」が劇場公開されたときは、マスコミ等で
痴漢事件の冤罪に関する問題が浮き彫りになりましたが、今はさほど表沙汰にはなってないような気がします。

実際、満員電車に乗るときは両手で吊革を掴んでいたいぐらいです。

自分の周りが女性ばかりであれば、確実にそうします。

「やめて下さい!この人、痴漢ですっ!!」なんて言われた日には、
もう、想像を絶するような感覚なんでしょうね、恐ろしい・・・

でもね、実際に痴漢なんてものが居るから、こういうことになるのであって、諸悪の根源は痴漢をする人です。

満員電車で女性が見知らぬ男に性的虐待を受けるわけです。

言語道断です。

許されない行為です。

もし、その女性が妻や娘だったら、あんた、正気でいられるのか!?

と、問いたいですね。

たしかに性癖ですからね・・・で片付ける輩もいるようですが、

冗談じゃないね。

そんなわけで、冤罪被害も含めて痴漢被害に遭わないよう、

十分に気をつけようと強く思いました。






ラベル:痴漢
【関連する記事】
posted by ゆうパパ at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(シアター&DVD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。