2008年03月20日

マカロニほうれん荘

マカロニほうれん荘という漫画をご存知でしょうか。

初版は昭和52年11月10日ですから、今から約30年前ですね。

このマカロニほうれん荘の作者は鴨川つばめという方で、

著者近影では、一度も素顔を出したことの無い謎の多い作家です。

マカロニほうれん荘が少年チャンピオンに連載されていた頃、

自分は小学低学年でしたが、周りの大人の目を気にしながら、

読んでいました。

ですので、かなりおませさんだったと思います。

キャラクターの名前も新撰組の局長、副長をもじったような名前で、

当時の自分には理解できませんでしたが、

「トシちゃん25歳は、ひざかたとしぞう、って言うんだよ」と

周りの大人に教えると、

それを言うなら「ひじかたとしぞう」だろ!と教えられ、

「あ、昔、新撰組というお侍さんたちが居たのか・・・」

と、なにげに歴史の勉強になったり、

作者が相当のハードロック好きだったのか、話の中にKISSが

出てきたりして、

何も知らずに学校で「KISSっていいよね」とか言っては

先生に叱られたりしました。

でも、マカロニほうれん荘の良いところは、テンポがすこぶる良くて、

子供ながらに、意味はわからなくても、おもしろい!

と、思ってましたね。

おもしろい!と思うということは、内容が頭にサクサク入っていきます

から(まるでフォトリーディングのようかも!?)

結果として、小学低学年にして中学生並の会話ができるぐらいに

なっていました(いろんな意味で)

周りの同級生が、ドラえもんなどの漫画をむさぼるように読んで

いた頃、自分は子供向けの漫画には興味が全く無く、

このマカロニほうれん荘やブラックジャックをむさぼるように読んで

ました。

たぶん、そういう方、けっこう居るんじゃないでしょうか?

だいたい、パターンとして

マカロニが好きな人は、スネークマンショーが好きだったり、してませんか?

スネークマンショーについては、後日にしますが、

最近、こういった笑いって見たり聞いたりしませんよね・・・


オヤジの独り言でした




posted by ゆうパパ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。