2008年11月24日

アルメニアンダンス・パートTを語る

アルフレッド・リードと聞いて、知らない人はいないでしょう・・・。
もちろん吹奏楽に関わった人限定の話ですが。

アルフレッド・リードの作品と言えば、それこそ有名作品のオンパレードですが、その中でも超人気作品と言えば「アルメニアンダンス」を除いては語れないでしょう。

このアルメニアンダンスは、特に80年代のコンクールでは地方予選、全国大会問わず演奏した団体は数知れず・・・。
定期演奏会などのコンサート等を含めれば、その演奏回数は膨大な数になることでしょう。

それだけに、30代以上の紳士淑女にとって、思い入れの強い作品の一つではないかと思います。

このアルメニアンダンスのレコードやCDは、当時(80年代)は本当に少なくて、確か「東京佼成ウィンドオーケストラ」ぐらいしか無かったのではないだろうか・・・。

もちろん、全日本吹奏楽コンクールでのCDやレコードでは数多くの演奏記録が残ってましたが。

ちなみに、私が一番好きな演奏は(当時)東京佼成WOではなくって、大阪の淀川工業の演奏(確か85年か86年だったと思いますが)でした。

初めて聴いたとき全身の毛穴が開いたのを、今でも覚えています。

そして、時は経ち武蔵野音大などのCDが発売になり、確か自衛隊の中央音楽隊(陸海空のどれか忘れたが)のCDもあったような・・・。

で、今のところ極めつけが佐渡裕指揮シエナ演奏のアルメニアンダンスパートTでしょう!

佐渡裕さんと言えば我が心の師匠である「坂本龍一」のライブでPMFを指揮されていた印象が強く、いわずもがな、期待は高まるばかり・・・。

CDショップでこのCDを発見したときは、鼻血が出そうでしたよ。

これを聴いたときは、淀工に引き続き2度目の全身毛穴全開状態!


いやあ良かった・・・。

最近は吹奏楽OBOG向けのCDがいろいろ発売されていますが、昔の作品を是非、新録でたくさん聴いてみたいものです。

   


posted by ゆうパパ at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹奏楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

吹奏楽コンクールの季節

吹奏楽コンクールの季節ですね。

各支部での地方大会に向けてのラストスパートをかけていることでしょう。

それは、さておき・・・

先日、愛知県知立市の中学校で、教師が元教え子にナイフで刺された事件がありましたよね。

先生は、吹奏楽部の指導中だったとのこと・・・

生徒達は目前のコンクールに向けて頑張っていただろうに、この元教え子はなんて事をしたのかっ!と、本当に憤りを感じます。

何とか無事にコンクールに出場できることを願いつつ(先生の早期の回復を願いつつ)彼ら彼女らの健闘を祈りたいと思います。

そう言えば、いつもこの時期になると先生はカリカリしてたもんなぁ・・、でもね、自分も高校のときには指揮者としてやってた時期がありまして、その時に初めて先生の気持ちが痛いほどわかりましたね・・・。何事も経験しないとわからないですからね。

そうそう、それと指導者って孤独だな〜って

管理職とか経営者になった時と同じ感覚かもね・・・



posted by ゆうパパ at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹奏楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

吹奏楽経験者ってけっこう居ますね

吹奏楽の経験者って、友人知人の中に必ず1人は居ませんか?

以前(だいぶ前)所さんの番組で全国の吹奏楽部を紹介してた時期ありましたよね。

そりゃあ名だたる高校が出てきましたが、大阪の淀川工業、千葉の習志野とか、あと、北海道の遠軽も出てました。

淀工や習志野といえば、昔からコンクールでは全国常連校で、吹奏楽に携わっていた者からすれば、知らない人が居ないくらいの名門校です。

愛知でいえば愛工大名電とかですね。

実は、私も80年から87年まで吹奏楽部員でした。

このころの常連といえば、上記の高校はもちろん、天理高校とか世界で金をとってくる高校もありました。

中学は、やはり島根県の出雲一中、二中!

本当に中学生なのか?本当は高校生が年齢詐称で出場してるのでは!?
と感じるぐらい超中学生級でした。うますぎた。

一般、大学はおなじみのヤマハ浜松、ブリジストン久留米、NTT中国、中央大学、関西学院大学、神奈川大学などなど

今もって、全国常連の団体が多いですね。

あの頃は、職場で吹奏楽ができるという淡い期待を持っていた純粋?な少年時代でしたが、バブルが弾け飛んでからは、職場団体も消えていったところが多かったですよね。

ゆえに、高校を卒業してからは演奏してません。

楽譜を引っ張りだしてきて見てみたら、Cってどの音符だっけ?
ってな感じです。

でも、やはり近所の学校から放課後聞こえてくるロングトーンの音を耳にすると、じっくり聴き入ってしまいます。

そして、ボヤクのです

「腹筋足りねーな」とか「ああ、こいつ煙草吸ってるな」とか

耳だけは衰えてないみたいです。

そんで、先日6歳の娘にトロンボーンの練習用マウスピースを与えたところ、いきなりバズリングできまして、
「おお、これはラッパで音がでるのでは!?」と親ばかぶりを発揮して
トロンボーンを吹かせてみました。

いきなり一発でFの音がイイ感じで出まして、

これで将来はスローカートロンボーン四重奏団だなフフフ

と、超親馬鹿になっておりました。

ちなみに小さい子は唇が小さいですから、トロンボーンのマウスピースぐらいなら、簡単にバズリングはできますです、はい。

でも、体ができきってない6歳の娘ですから、今は練習用マウスピースだけを、おもちゃとして預けています。



ラベル:吹奏楽
posted by ゆうパパ at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹奏楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。