2008年03月15日

UDON、テレビでやってますね

テレビでユースケサンタマリアの映画UDONやってますね。

何か、無性にうどんが食べたくなってきました。

映画UDONの舞台である香川県は讃岐うどんのメッカなわけですが、

ここ最近名古屋やその近郊の町で讃岐うどんの店を、よく見るように

なりました。

先日、江南市にある釜揚げうどんの店に行ってきました。

厨房はオープンで中の様子は丸見えです。

店の外からでもうとんを打っているところが見えるように、外壁も

一部ガラス張りになってます。

もう、店に近づいただけで、いやおうにも期待感が高まるような

粋な演出です。

しかし、問題がひとつありまして、

カウンターでうどんを受け取るのですが、その行列たるや、限度を

超えています。

たしかに行列も飲食店の集客の演出としては必要なものですが、

あれは・・・ちょっと長すぎますね、客数の割には・・・

結局、うどんを釜揚げする時間がけっこうロスなんですね、

釜揚げのおばちゃんはてんてこまい、

でも、その横の天ぷらを揚げてるおばちゃんと、ダシを注いでいる

おばちゃんは暇そうなんです。

あきらかに、人員配置ミスです。

ローテーションが間違ってます。

改善の余地はありありですね。

しかし、味は良かったです、あと天ぷらも揚げたてのアツアツで

美味しかったです。

あと、名古屋のうどん屋といえば、セルフのどんどん庵も有名ですね。

自分はよく行きます。

たま〜に、割引チケット期間があるのですが、これがまた安い!!

お金が無くてもお腹いっぱい食べたいときには救世主です。

そんなわけで、釜揚げうどんのお店は名前を思い出したら、また

書きたいと思います。



posted by ゆうパパ at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(シアター&DVD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

満員電車には危険がいっぱい

満員電車通勤を日常としている男性諸氏におかれましては、リアルに怖い話ですが・・・


昨夜「それでもボクはやってない」をテレビで放映してましたね。

あれ・・・いつ起きてもおかしくない事件ですよね。

恐ろしいです。

「それでもボクはやってない」が劇場公開されたときは、マスコミ等で
痴漢事件の冤罪に関する問題が浮き彫りになりましたが、今はさほど表沙汰にはなってないような気がします。

実際、満員電車に乗るときは両手で吊革を掴んでいたいぐらいです。

自分の周りが女性ばかりであれば、確実にそうします。

「やめて下さい!この人、痴漢ですっ!!」なんて言われた日には、
もう、想像を絶するような感覚なんでしょうね、恐ろしい・・・

でもね、実際に痴漢なんてものが居るから、こういうことになるのであって、諸悪の根源は痴漢をする人です。

満員電車で女性が見知らぬ男に性的虐待を受けるわけです。

言語道断です。

許されない行為です。

もし、その女性が妻や娘だったら、あんた、正気でいられるのか!?

と、問いたいですね。

たしかに性癖ですからね・・・で片付ける輩もいるようですが、

冗談じゃないね。

そんなわけで、冤罪被害も含めて痴漢被害に遭わないよう、

十分に気をつけようと強く思いました。




ラベル:痴漢
posted by ゆうパパ at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(シアター&DVD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。